2008年06月10日

今後の課題

08060101.jpg



海は毎日元気に走り回り、目で見る限りでは

健康そのものなので毎日毎日、肝臓の件を考え

気持ちが凹むということはありませんでした。

当たり前ですが海と一緒にいることの幸せハートたち(複数ハート)

何十倍、いえ何百倍も強いのでわーい(嬉しい顔)



しかし、最近、主治医と他のDrとお話をして

この先、もう少し色々と考えて

いかなければならないかな?

と昨夜、家族会議をしました
(って言っても夫婦二人だけど テヘ顔(ペロッ)



海はレントゲン&CT検査の結果、肝臓に何か

できてるとかその他、異常はみつかりませんでした。

次の段階の検査は、肝臓の細胞をとっての検査です。

この検査の説明は最初から受けています。

麻酔をかけて肝臓の細胞をとるので

それなりのリスクが伴いますたらーっ(汗)

それに麻酔は肝臓への負担が大きいし。

他の手術やなんかと一緒で全てが安全ではありません。



肝臓は沈黙の臓器と言われるように自覚症状が

少なく・・・・』とはじまった先日のDrの言葉が

なぜか妙に気になってます顔(汗)

それは海があまりにも元気だから・・・

自覚症状がないと言えばそれにあてはまるでしょう。

同時に、色々な症例を伺い年齢とともに

進行する病気も中にはあるなど・・・・



私達は当初、消去法をとりまず数値をあげいてると

考えられるものを一つずつ消して行く方法を選択しました。

最初におやつ類をやめ(ご飯に入れるササミなども)

次にガムをやめ、そして最後に今まで食べていた

ドッグフードをやめ現在は、肝臓サポートのフードのみです。
(キャベツとニンジンはok)

前回の日記にも書きましたが、フードをかえて

2ヶ月、数値は少しですが下がってましたわーい(嬉しい顔)

このまま数値が回復に向ってくれればいいのですが

そうでなければ期限を決めて次の段階を

考えていくことが今後の私達の課題かもしれません。

当初から、主治医は私達の希望があれば

細胞検査を行いますとのことでした。

しかし、私達はすぐにリスクの伴う検査よりも

まずはできることからと今の方法を選んできました。



でも、年齢と共に進行性のあるものだったら?

早めに検査をし、病状にあった治療を

受けることが最善なのでは・・・と

そうも、思いはじめてます。



検査をしてのメリットもあります。

原因がわかれば治療法や投薬も

できるので検査後、数値が標準に戻った仔もいるとの

そんな明るいお話しもしていただきました。




なんか暗い内容ですみませんあせあせ(飛び散る汗)

ですが海はいたって元気ですし私も

決して落ち込んでるのではないので

心配しないで下さいねわーい(嬉しい顔)




だって最近、海ったら食欲がすごいんですよ〜。

いつもは毎食残してたぐらいなのに。毎回ペロリ。

食べた後も名残惜しそうに器をペロペロ顔(笑)

そのおかげで体重も1.7kg→1.8kgグッド(上向き矢印)に増えました。

すごいメデタイぴかぴか(新しい)んだけどこれは海の肝臓の状態が

いい方向にむかってる証なんじゃない?

だから元気になって食欲もわいてると

そう考えるのはやっぱり、その中に

そうあってほしという私の願いが

あるのかもしれませんね・・・・・


最後まで読んでいただきありがとうございましたるんるん




banner_02.gif

参加してまーす上

ニックネーム Mariko at 16:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする